NPO法人 はこだて街なかプロジェクト
 

NPOはこだて街なかプロジェクト

街プロについて

 

「街のプロ」として

街なかを再びわくわくさせる賑わいの空間へ

函館は、横浜、長崎とともに我が国初の国際貿易港として開港し、西欧文化の影響を受けた歴史的建造物など、その異国情緒あふれるまちなみでたくさんの観光客を魅了しています。
しかしながら、その歴史的まちなみのある西部地区にも、人口減少、高齢化、空地・空家の増加などの課題を抱えています。住み続けるための街なか再生を目的として、平成13 年9 月に、建築・不動産関係者などで「街なか居住促進研究会」を発足し、その後「はこだて街なか研究会」という民間団体として、街なかのフィールドワークや施策提案を行ってきまた。平成17 年3 月には、「ハコダテまちなかオープンスクール」を開催し、全国のまちづくり活動の実践家を招いて、地元の方とともに実際の空家・空地の利活用について検討を行いました。メンバーも増え、平成17年6 月には、「NPO 法人はこだて街なかプロジェクト」として認定を受け、地域との協働によるまちづくりに取り組んでいます。
 

NPO法人街なかプロジェクト 理事長 山内一男